Posts Tagged ‘昭和’

看護師のイメージ今昔

土曜日, 12月 27th, 2014

景気が上がってきたと言われる現在ですが、景気回復の兆しという程度でまだまだ生活に不安を感じる方も多い世の中です。そういった社会背景の中、女性の社会進出や医療・福祉の業界への世論の変化というものが大きく変わってきています。少し前まで、女性は家庭にいるものというイメージが非常に強かったのですが、今はどうでしょう。夫婦で共働きという家庭が増え、専業主婦という女性の方が少なくなってきているのでように感じます。そして女性が手に職をと考えた際、注目されるのが医療・介護の業界です。また、高齢化に伴って同じく医療・介護の業界に大きな注目がされています・。少し前まで、介護や医療の問題というのは新聞の1面などには載らなかったのですが、最近は朝刊の1面に大きく取り上げられているのも珍しいとは思いません。社会の動きに合わせて大きく変わってきたのが医療・介護の業界と言えるでしょう。

そういった中、医療・介護の業界で働きたいと考える方も増えてきています。特に医療の代表的な資格である看護師は非常に人気があり、今、注目されている資格のひとつといえるでしょう。また、看護師と言うと女性が多いイメージがあると思いますが、最近は男性看護師も増えてきており、看護師の世界も少しずつですが変わってきているようです。昭和の看護師さんは、家庭のため、家計のため、という家庭環境に悩む人や母子家庭の方が多く資格をとっていました。戦後の看護師不足が要因で准看護師の資格もあり、住みこみで学校に通いながら勉強するというイメージが根強く残っていました。しかし、現在は認定看護師の領域が広がり看護大学が増えキャリアのひとつとして確立され、自立した女性を表現しているようにも思えます。

では、実際に看護師になるにはどのような課程で資格を取得する事になるのでしょうか。ここではそういった様々な事に対してご説明していきたいと思います。
まず、看護師になるといっても目的によって看護師になる為の道程は違います。そもそも、看護師と一言でいっていますが、資格の種類もいくつかあるのです。自分がどのような目的で看護師になりたいのか、その内容によって取得方法も就業先も異なるのが看護師の資格といえるでしょう。
看護師には正看護師・准看護師という2種類の資格に分かれています。正看護師の場合は国家試験になりますが、准看護師の場合は都道府県知事認定資格となりますので、資格の種類が異なります。その為、進学する課程も異なるので、自分がどちらの資格を取得したいのか考える必要があると言えるでしょう。どちらとも共通していえるのはそれぞれの教育機関を卒業した後に資格取得試験があるという事です。つまり、どちらにせよ学校に通う必要があり、通信教育などでの取得は不可という意味です。これは社会人の方も例外ではなく、まずは教育機関で勉強する事が看護師資格取得への第1歩といえるでしょう。
看護師資格取得後は自分がどのような看護師になりたいか考えた上で、就業先を決める事になります。